元大手メーカー採用担当の就活ブログ

採用担当者ならではの”使える就活アドバイス”を紹介します

【就活の始め方】≪STEP1≫自分を知ることから始めよう

f:id:syuukatsu-advice:20190204221348j:plain

目次

みなさんは、”とりあえず”就活していませんか?

やばい!そろそろ就活しなきゃ!でも、何から始めれば良いの…?
という方向けに就活の始め方の3STEPを紹介します。

就活に焦る人の傾向

周りはインターンシップやセミナー、合同説明会に参加し、自己分析もやっている。
何か動かなければ、と思うけど何から動いていいか分からない、、

とりあえず、皆行ってるしセミナーや合同説明会にでも行こうかな…と、
目的も無く“とりあえず”就活を始める人、
これが一番危険です。


目的も目標もなく始めた就活はうまくいきません。

とりあえず、、と就活を始める前に、
きちんと順序立てて、就活の準備をしましょう。


就活スケジュールについて

まず、就活のスケジュールについてです。

ここ数年、就活のスケジュールが変化し2021年卒以降の、
就活ルールの廃止に伴うスケジュールの自由化が決定しました。

ここでは現在の3月採用広報開始、6月採用選考開始というルールを基に考えていきます。

一般的な 就活の流れ

現行の就活では、3月1日に採用広報開始され、
リクナビやマイナビといった採用情報サイトがオープンになります。

また、各地で合同説明会や大学内でのセミナーなどといった就活イベントが毎日のように開催されます。
そこから就活生は企業情報を入手し、志望会社を決定し選考に参加します。

6月採用選考開始とは謳ってはいますが、
ルールを守っている会社はほとんどない
のが現状です。

企業も優秀な学生を集めることに必死です。

3月中には選考締切が設けられ、
4月~5月の間には、書類選考やグループディスカッション、面接を行い、
6月に入る前には内々定を出しています。


6月採用選考開始を遵守している企業は超大手などの人気企業、
つまり何もしなくても就活生が集まってくる企業です。

3月から就活を始めれば良いの?

では、採用広報開始の3月1日から就活を始めれば良いのか?というと、
そうではありません。


3月にはある程度、自分が行きたい業界、企業を絞り込んでおかないと、
ここで働きたい!という企業が見つかった時には選考が終わっていた、なんてことになりかねません。

3月1日にはスタートダッシュをかけることができる準備
が大切です。

何からはじめれば良いの?

私は、就活とは「知る」「伝える」の繰り返し
だと考えています。

自分を知り、企業を知ること(インプット)
で自分が働きたい仕事内容や職場環境などを具体化した後、

志望企業を決定し、
その想いを選考で伝える(アウトプット)ことで、企業に自分をアピールする。
これが就活における基本的な流れです。


つまり、就活の流れは、

①自分を知る
②企業を知る
③自分の想いを伝える

という3ステップになります。

①については、3月に入るまでに終わらせておきましょう。

就活は何からはじめれば良いのか?
という疑問に対する私の答えは、
「自分を知ることから始めなさい」
となります。

それぞれのステップをもう少し具体的にみていきましょう。

「自分を知る」ということ

就活は、自分を知ることから始めなさいと言いましたが、
多くの人は
「自分のことぐらいもう分かってる!」
と思うでしょう。

それなら、もうファーストステップはクリアです。

次はあなたの考えとマッチする企業を探しましょう。

ですが、
本当に自分のことを分かっているのでしょうか?


例えば、

中学校から大学まで野球部に所属していたA君という人物がいたとします。
A君は、スポーツを通じて多くの人と繋がり、成長できたという経験からスポーツをする人たちに魅力ある商品を提案したいと考え、スポーツメーカーの就職を志望します。


一見すると、自分考えや経験を基に将来を決めている、素晴らしいじゃないか、
と思うかもしれません。
ですが、A君は
どれほど自分のことが分かっているのでしょうか。

なぜ野球を始めたのか?
野球じゃないとだめだったのか?
なぜ商品を提供する立場になりたいのか?
開発でも良いのではないか?
なぜスポーツをする人たちを支える会社にスポーツメーカーを選んだのか?


などの質問にA君は明確に答えることができるでしょうか?

答えることができるのであれば問題はないでしょう。

ですが、多くの人は自分(自分の考え)を分かっている!
というにも拘らず、答えることができません。

なぜなら、自分の行動や考えを
表面的にしか理解していない
からです。

面接官は何を知りたいのか

就活の面接では、先ほどの例のように、

なぜそのような考えに至ったのか?
その考えじゃなければだめなのか?

というような人の深層心理を覗こう

という質問が多くとんできます。
それは意地悪をするために聞いているのではなく、

面接者の行動原理が知りたい

からです。


面接官の立場から考えると、
面接では初対面の人間を数十分の時間で評価しなければなりません。

表面上の話ばかりしていると、面接者の本質が見えてきませんので、
さきほどのような質問をするわけです。

私が考える「自分を知る」という行為は、

自分の行動原理を人に分かりやすく伝えることができる状態のこと

を指すものだと考えています。


いくら自分の行動原理を理解していても、それを面接で上手く伝えることが出来なければなりません。

就活のファーストステップとして「自分を知る」ことを始めてみましょう。

自己分析は必要か

「自分を知る」ための手段として
“自己分析“という言葉をよく耳にするでしょう。


自己分析に力を入れることは重要ですが、時間をかけすぎる必要はありません。
また、自己分析を行わなくても良い人もいます。


すでに

“自分の行動原理を人に分かりやすく伝えることができる状態”

であれば自己分析は行う必要はありません。

自己分析の方法

多くの就活生は自己分析を行うことが目的となっていますが、
ノートとペンをもって自分について考えるよりも、
友人とご飯でも行って自分の考えや経験を話す方が効率的です。

友人には、自分の考えや経験を話したのちに、
あらゆる角度から
「なぜ?」
という質問をしてもらうように頼みましょう。
(他己分析より模擬面接に近いイメージ)

そうすることで、短時間で深く自分を知ることができます。
面接練習にもなるので、一石二鳥です。


「自分を知る」ことは就活においての基礎となり、
これから社会人になるうえで重要なことになります。

さらに詳細を知りたい方は、
こちらをクリックしてください。www.saiyoyo.com



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ