元大手メーカー採用担当の就活ブログ

採用担当者ならではの”使える就活アドバイス”を紹介します

【いきたい会社ってどう選ぶの?】 後悔しない会社選び

f:id:syuukatsu-advice:20190209223202j:plain

目次

2月~3月になると、準備をしっかりしてきて既に自己分析が終わっている、という人も多いのではないでしょうか。

終わってない人も、まだ間に合います!
就活の始め方www.saiyoyo.com

を参考に自己分析に取り組んでみましょう!

20卒では、3月1日に採用広報が開始され、一斉に就活がスタートします。
各地で合同説明会やセミナー、大学内でも多くの企業が説明会を開催することでしょう。

リクナビやマイナビといった採用情報サイトがオープンし、掲載企業を見てみると、万を超える企業が新卒募集をしていることが分かります。

あまりにも企業が多すぎて、
「どこの企業にエントリーすれば良いんだ!」という状態になるかもしれません。
(私は実際になりました。)

そこで、ここでは自分が働きたい企業の選び方のヒントを紹介したいと思います。

どんな企業、仕事があるの?

例えば、あなたが食品業界に興味があるとします。

一口に食品業界といっても、菓子や魚、缶詰、調味料など様々な商品を取り扱う企業が存在します。
そして、そのなかでは多くの人たちが様々な仕事をしています。

食品をつくる仕事や
仕入れる仕事
衛生管理をする仕事
法人に営業する仕事など、様々です。

さらにいうと、
会社の雰囲気や福利厚生の充実度、
女性が働きやすいか、なども企業によって異なります。

仕事内容(職種)については、キャリタス就活「仕事カタログ」が非常に分かりやすいので、こちらを参考にしてください。


また、同じようなモノを取り扱っている企業(同業他社)でも、
経営方針や営業スタイル、勤務地などが異なってくるので、
注意して見る必要があります。

まだ志望業界が漠然としている人は、まずどんな業界、企業があるかは現段階で調べておきましょう。

企業を絞るには

先ほどの通り、新卒を募集している企業の数は非常に多くあります。

それら全ての情報を集めようとすることは、不可能に近いです。
というより、時間の無駄です。


まずは自分の興味のある業界や仕事など、ある程度志望するカテゴリーを絞りましょう。

自分と企業のマッチ度で選ぶ

例えば、大学で商学部に在籍し、簿記の資格を活かしたい!
という人であれば、
「経理、財務」などが企業選びのキーワードになるでしょう。

とにかく食べることが好きなので、仕事も食関係が良い!
という人は
「食品メーカー、食品卸、商品開発、マーケティング」などがキーワードになるかもしれません。


反対に、興味のない、やりたくない仕事からカテゴリーを絞ることもできます。

例えば、人見知りで人とあまり関わることが苦手、という人であれば
「営業以外、チームでする仕事以外、一人作業」などがキーワードになるでしょう。


そういった自分の興味や消去法で、ある程度志望するカテゴリーは絞ることができます。

優先順位をつけて企業を選ぶ

こだわる要素の優先順位が、
①業界→②仕事内容→③働く環境→④一緒に働く人
という人もいれば、

①仕事内容→②勤務地→③転勤頻度→④福利厚生
という人もいるでしょう。

他にも企業を選ぶうえでの要素は様々あります。

・評価のされ方
・成長できる環境か
・若手からウェイトの高い仕事が任されるか

などなど
 
優先順位は人それぞれなので、上記のように優先順位を決めることで
さらに企業は絞ることができます。

企業の情報を集めてみよう

ある程度、働きたい業界や仕事内容などが絞れたら企業の情報を集めましょう。

情報の集め方は大きく
①ネット(机上での情報収集)
②説明会など(足を使っての情報収集)

の2種類かと思います。


①ネットでは、企業のHPや就活情報サイト等で調べるといった、最も手軽な方法です。
ほとんどの就活生が行っているでしょう。

②説明会などは、セミナーや合同説明会、内定者や大学のキャリアセンターなどで直接話を聞き、
情報を集める《足で稼ぐ》方法です。


3月から本格的にセミナーや合同説明会などが開催されるので、
それまではネットでの情報収集がほとんどになるでしょう。

そこから、目ぼしい業界や企業をピックアップし、3月からのセミナーで実際に気になる業界や企業の話を直接聞く、という流れになります。

ネットの情報だけでは、自分が知りたい情報は手に入らないことが多いので、
働くイメージを掴むためにも、セミナーで直接企業の人に話を聞くことをお勧めします。

いきたい企業の選び方

ここまでをまとめると、いきたい企業の選び方の流れとして

①業界や、仕事内容を把握する
②そのなかから、自分に合うものをある程度絞る
③絞った業界、企業の情報を集める

となります。

簡単そうですが、なかなか自分に合う企業がない!という人や、
逆に興味のある企業が多すぎる!という人もいるでしょう。

HPなどで企業の情報を見てみると、どこも同じように見えてきます。
ですが、同じような会社でも1つ1つ大きな違いがあります。
それは、働く人はもちろん、福利厚生や仕事のスタイルなど様々です。

その違いを探していくと、企業の特徴が見えてきます。

その特徴を見つけ出し、自分に合うか見極めることが企業選びだと、私は考えています。

入社後に後悔しないように、企業選びは十分に力を入れてみてください。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ