元大手メーカー採用担当の就活ブログ

採用担当者ならではの”使える就活アドバイス”を紹介します

【就活は体育会学生が有利なのか?】 元大手メーカー採用担当が解説!

f:id:syuukatsu-advice:20190210112122j:plain

目次

就活は体育会が有利だという噂、聞いたことがありませんか?

実際に、周りの体育会を見渡すと大手企業から内定を獲得していたり、
早々に就活を終えていたり、とやっぱり就活では体育会学生が有利なんだ、
と思うでしょう。

就活は体育会が有利?

果たして、本当に就活は体育会が有利なのでしょうか?


答えは「Yes」です。

体育会以外の学生からブーイングが聞こえてきそうですが、
正直体育会のアドバンテージは大きいです。

では、なぜ体育会が有利なのでしょうか。

体育会が就活に有利な理由

体育会が就活に有利なのは、
私は“分かりやすいから”だと考えています。

何が分かりやすいかというと、
・学生時代の目標
・努力の過程
・成功、失敗体験
・体力面

など、様々あります。

例えば、「学生時代の目標」についてですが、体育会学生の多くは、
「○○大会優勝」や、「レギュラー獲得」など
目標が分かりやすく、相手に伝わりやすいです。

これは、就活を進めていくうえで非常に重要です。

例えば、面接の場面。
面接では、ほとんどの学生が採用担当と初対面の状態です。

面接で初対面の相手に自己PRをするとなると、内容はもちろん重要ですが、
相手に分かりやすく話が伝わるかどうか、がより重要になります。

いかに素晴らしい人物でも、それが相手に伝わらなければ意味がありません。

体育会学生は、誰もがイメージしやすいスポーツの話を中心に自分をアピールします。
話を聞く側にとって、イメージがしやすいということは、
話が伝わりやすいということです。

初対面の人の話を聞くときに、分かりやすくイメージしやすいって大事ですよね?

さらに、今どきの学生に乏しいとされる、体力面や精神面のタフさを備えている人も多く、
企業にとっては魅力的な人材、それが体育会学生です。

体育会学生でなければ不利?

体育会学生が就活において、有利だということは事実です。

しかし、体育会以外の学生は就活に不利なのか?というと
決してそのようなことはありません。

体育会学生が優良企業の内定を独占しているわけではありませんし、
体育会にはない良さがあります。

いくら体育会学生でも、中身が伴っていなければもちろん選考で落ちます。
部活ばかりに注力し、学力が低い学生についても同様です。

体育会以外の学生は、体育会学生の有利な点“分かりやすさ”をマネしましょう。

“分かりやすい”というアドバンテージ

先ほど体育会の有利な点は“分かりやすさ”にある、と伝えました。

確かに「スポーツをがんばっている人」は、
さわやかだったり、体力があったり、というイメージが湧きます。

では、「アルバイトをがんばっている人」では、どうでしょう?
どんなイメージが湧きますか?

おそらく、これといったイメージが湧かない、湧いたとしても人により大きく異なるのではないでしょうか。

では、
「居酒屋のアルバイトにおいて接客を通じてお客様に笑顔になってもらうためにがんばっている人」
ではどうでしょうか。

元気で明るい、といったイメージが湧きませんか?

これは自分が伝えたいイメージに少し具体性を持たせることで、
相手にも共通のイメージを抱かせることができる、ちょっとした工夫です。

つまり、分かりやすく相手に伝えるテクニックとも言えます。

体育会以外の学生のほとんどは、就活で自己アピールをする際、
アルバイトやサークルといったことを話すかと思います。

そこで、体育会学生の有利な点“分かりやすさ”を意識してください。

どうすれば相手に伝わるだろうか、こういう表現の方が分かりやすいか、など
考えていけば体育会学生とのアドバンテージは無くなるはずです。

このことを踏まえ、自己PRや、お決まりの“学生時代頑張ったこと”を考えれば、
相手に上手く自分の良さをアピールできるでしょう。


面接官の立場になった時に、”どうすれば相手に伝わるか”を
考えると、自ずと立ち振る舞いが分かります。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ