元大手メーカー採用担当の就活ブログ

採用担当者ならではの”使える就活アドバイス”を紹介します

【面接でよく聞かれる質問とその意図】 面接の裏側教えます!

f:id:syuukatsu-advice:20190204224807j:plain

目次

面接前日にチェックすることについては、以前解説しました。
今回は、面接で重要なこと、良く聞かれる質問と、その意図について解説していきます。

1)面接で最も大切なこと

私は、面接では“面接官の立場になって考える”ことが最も重要だと考えています。
多くの学生はこれができていません。

なぜ“面接官の立場になって考える”ことが重要なのかというと、

・なぜ、この質問をするのか
・どのような答えを求めているのか
・どういう人物を評価するのか

など、面接官が何を考えて面接をしているのか、ということを考えると、自ずと評価の高い回答や立ち振る舞いができるからです。

例えば、
「休日は何をしているの?」
というような一見雑談のような質問について、
馬鹿正直に
「休日は家でゴロゴロしています」
と答えては、面接官の意図をくみ取った答えにはなりません。

この質問の裏には、

・オンとオフの切り替えを上手にするのか
・ストレスの発散ができる人なのか
・友人との付き合い方はどうなのか

などといった意図が含まれています。

面接官は限られた時間の中で、その人物の本質を見抜かなければなりません。
その時間の中で無駄な質問はしないので、なぜこの質問をするのか?を考えることが重要です。

面接でいっぱい話せたし、手ごたえがあったのに不合格だった!というような人は、この面接官の意図がくみ取れていない可能性があるので、自分の回答を見直してみてください。

2)志望動機を聞く理由

志望動機についてです。
ほとんどの面接でまず聞かれる内容なので、しっかり準備しておきましょう。

面接官が志望動機を聞く意図については、

・仕事に対してのモチベーション
・どのような仕事がしたいのか
・将来どのようなキャリアを考えているのか
・志望度合

などが含まれています。


志望動機を回答する流れは、

①どのように企業選びを行っているのか、その考えや背景
②なぜこの業界を選んだのか
③なぜこの会社なのか

という3STEPを説明する必要があるでしょう。

特に③“なぜこの会社なのか”を、いかに説得をもたせ伝えられるか、が重要です。

そのためには、その会社の良さだけを伝えるのではなく、他社と比べてどういうところが良いのか、など業界研究も重ねた上で、この会社が良いんだ!ということをアピールしてください。

例えばA社の面接を受けるとき、
ほとんどの就活生はA社のHPなどの情報は熟読します。
しかし、それだけでは不十分です。
同業他社のB社、C社と比較をすることで、A社の特徴や業界での立ち位置など多くのことが分かります。

皆さんの日常でも、例えば友人から、おいしいお菓子を勧められるとき、
いかにこのお菓子がおいしいかだけを伝えられるよりかは、
○○と比べてこういう特徴があって、他の店より価格も安いよ!と言われた方が、良さが伝わりますよね?
それと同じです。

面接官の立場になった時に、なるほど!と思うような筋の通った回答を目指しましょう。

3)学生時代頑張ったこと

最もよく聞かれる質問の1つでしょう。
自己PRにもなりますし、この回答のクオリティを上げることが就活をするうえで重要です。

面接官が学生時代がんばったこと、を聞く意図としては、面接者の成功経験が聞きたい、ということではありません。
つまり、がんばった結果についてはさほど重要ではありません。

面接官は、その人が必死になって取り組んだことを、仕事に置き換えたときに、どのような仕事の取り組み方をするのかを想像しながら回答を聞きます。

そこには、

・どのような目標設定を行うのか
・目標に対してのアプローチの方法
・壁にぶつかった時の対処法
・組織の中での、その人の能力、役割
・その人のキャラクター
・ストレス耐性

などが知りたい、という意図があります。

面接官は、結果について話すよりも、その過程において、

・なにが課題だったか
・なぜそれを課題だと考えたか
・課題に対してどうアプローチしたか
・その時周囲とどのように連動したか

ということを具体的に聞きたがっています。

これらのことを踏まえた上で、あらかじめ回答を考えておきましょう。


面接では、他にも様々な質問があるかと思います。
全てを想定して準備することは困難ですが、質問に対して“面接官の立場になって”考えた回答をすれば、評価に繋がるでしょう。


最後に、面接は“慣れること”が成功の鍵です。

志望度の高い会社を受ける前に、面接に慣れておいて本番では力を発揮できるように準備しておきましょう。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ