元大手メーカー採用担当の就活ブログ

採用担当者ならではの”使える就活アドバイス”を紹介します

【こんな面接官に評価されたくない!】 ちゃんとした面接官の見極め方

f:id:syuukatsu-advice:20190219210638j:plain

面接を経験する中で、「この面接官どうなの?」「こんな人に評価されたくない!」
という面接官に会うことも残念ながらあるかもしれません。

私は、“就活生も企業を判断する面接官”だと考えているので、今回は面接官の裏側を解説したいと思います。

1)面接官の評価方法

就活生ならば、面接官がどのようにして評価を行うのか、気になるかと思います。
面接官が面接中に何をメモしているのか、何を見られているのか知りたい、という気持ちは誰しもあるでしょう。

もちろん、企業によって評価の判断軸は異なります。
人柄を重視するところもあれば、専門性の高い能力を評価する企業もあるでしょう。
ここでは、一般的とされる面接での評価項目などを紹介します。

一次面接などの基本的な質問が多い面接では、

《コミュニケーション能力》
・対話力
・話を聞く態度

《思考力》
・話に論理性があるか
・質問に対する回答にぶれがないか

《人物評価》
・人柄
・服装などに乱れはないか
・控室などでの態度は良いか

《志望度》
・志望度の高さ
・志望度を裏付ける考えや想い
・企業研究はしているか

などが一般的な評価基準とされます。
細かいところを言えばきりがないので、あくまで一般的にこのような評価基準がある、と認識しておいてください。

この評価基準を基に、よくある質問である
・志望動機
・学生時代頑張ったこと
などを質問したとします。

そこでの回答から、先ほどのような評価基準と照らし合わせて、面接者の評価を下します。
面接者は、志望動機を答えている際にも、志望度だけでなく、その態度や口調などから人物評価も同時にされているのです。

面接官の立場で考えると、例えば面接者のストレス耐性を知りたいと考え、どんな質問をすればそれが判断できるかを考えながら、メモを取り、次の質問を考え、評価するので大忙しです。


このように、面接官は企業の評価基準を基に、どのような質問をすれば、最大限に面接者の本質が引き出されるかを考え、評価しているのです。

2)こんな面接官には気を付けろ

ほとんどの企業は、面接で就活生に不快な思いをさせないようにルールやマナーを遵守しているでしょう。
この人のことをもっと知りたい!と面接官が思っても、踏み込み過ぎてはいけません。
面接では、以下のような質問をしてはいけない、と法律上決まっています。

本人に責任のない事項
1.「本籍・出生地」に関すること
2.「家族」に関すること(職業・続柄・健康・地位・学歴・収入・資産など)
3.「住宅状況」に関すること(間取り・部屋数・住宅の種類・近隣の施設など)
4.「生活環境・家庭環境など」に関すること


本来的に本人の自由であるべき事項

5.「宗教」に関すること
6.「支持政党」に関すること
7.「人生観・生活信条など」に関すること
8.「尊敬する人物」に関すること
9.「思想」に関すること
10.「労働組合(加入状況や活動歴など)」、「学生運動などの社会運動」に関すること
11.「購読新聞・雑誌・愛読書など」に関すること
※厚生労働省 採用選考自主点検資料より抜粋

「あなたのお父さんやお母さんの出身地はどこですか」や
「あなたは、どんな本を愛読していますか」などといった質問も、面接の場では法律違反となります。

就活生は、このような質問を平気でしてくる企業には要注意です。

面接の場では、答えなければ印象が悪いかな、とつい答えてしまいがちですが、“就活生も企業を判断する面接官”だということを心掛け、上記の質問項目は面接ではNGだということを覚えておきましょう。

3)面接官は面接の練習をしているのか

面接官は、普段営業などといった他の部署で働いている人が担当するというケースが多いです。
実際に配属される部署の担当者目線から、面接を行うことで面接者の適正などを判断するという狙いがあるからです。

では、そのような人たちは面接官としては素人ではないか?という疑問があるかと思います。
そんな人に面接してほしくない、という意見も出てきそうです。

もちろん企業は、面接官に対して、評価基準や面接の流れ、マナーなどといった教育を行います。
いわゆる『面接官教育』というものです。

これは簡易的に社内で行うこともありますが、採用に力を入れている企業では、外部講習で行うことも多いでしょう。

リクルートなどが行っているもので、面接におけるマナーやどのようにすれば面接者の本質を引き出せるか、なども学びます。
私も面接官教育を受けましたが、実戦形式で面接を一から学ぶことができるので非常に勉強になりました。

このように、企業側は面接をいかに効果的に行えるかという準備を行っています。
レベルの低い面接官に出会った場合は、面接官教育が行き届いていないと判断して良いでしょう。

これまでの就活では、企業側の立場が強いところが多くあったかと思います。
しかし、今は売り手市場や人手不足といった要因から、就活生の立場が強くなってきています。

就活生は、企業をきちんと判断し、面接の際は自分も企業を判断する、という目を養うことが重要です。
あら探しをしろ、というわけではありませんが、公正に判断し、後悔のない企業選びを行いましょう。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ