元大手メーカー採用担当の就活ブログ

採用担当者ならではの”使える就活アドバイス”を紹介します

【入社の決め手】 複数ある内定から入社を決めた理由は?

f:id:syuukatsu-advice:20190221191029j:plain

目次

多くの就活生は内定を獲得し、なかにはいくつかの企業から内定をもらう人もでてくるでしょう。

選考中は、内定獲得のために必死になるでしょうが、いざ内定となると入社後の自分を現実的に想像することになります。

いくつかの企業から内定をもらった人でも、最終的に入社するのは1社です。
「A社は給料が良いけど転勤が多い」
「B社は若いうちから挑戦できる環境にあるけど福利厚生が充実していない」

と、内定をもらった会社を比較し、検討すると決断するのに時間がかかるかもしれません。

みんなの入社の決め手は?

入社を決定する上で重要な要素は、年収や勤務地、福利厚生や経営の安定性など様々です。
入社を決める理由は人それぞれですが、多くの就活生はどのような要素を重要視して、入社を決めたのでしょうか。

2019年卒業予定の大学生および大学院生に対してリクルートの調査では、以下のような結果が出ています。

f:id:syuukatsu-advice:20190221190918p:plain

多くの人は、“自分の成長が期待できる環境かどうか”というキャリア形成を重視して入社を決めていることが分かります。

また、他にも勤務地や福利厚生、会社の安定性といった働く環境についても重要視し、入社を決めています。

今の就活生は、日本が不景気だということや、また企業寿命の短さやグローバルな競争社会を十分に認識しています。

そこから、会社に入っても絶対安定とは言えない、また働き方も多用している時代なので、安定した会社に入社するより、自分自身が成長することが将来安定に繋がると考えているのではないでしょうか。


私は、その考えに賛成です。
大企業に入社したからといって一生安泰ということでもないですし、ビジネスのチャンスや働き方は非常に多くあります。
自分のキャリアは会社ではなく、自分で作っていくという考え方は重要でしょう。

もちろん、一つの会社でキャリアアップし成長していくということも素晴らしいことです。
入社の決定は、自分が将来どういう社会人になりたいか、ということを考える初めての機会かと思いますので、真剣に悩んでほしいと思います。

危険な入社理由

私が採用担当をしていた頃、多くの人は内定が出て即決で入社を決める、ということはありませんでした。
入社する企業を決めることは人生でも非常に大きな決断なので、当然のことだと思います。

私は、そのように入社を迷っている人には必ず
・条件だけで入社を決めないこと
・人事担当者の人柄は入社理由にしないこと

の2点をアドバイスしていました。

条件だけで会社を選ばないこと

年収や福利厚生などといった条件だけで会社を決めた場合、それだけが働くモチベーションになってしまうことが多いです。

入社してから、「やっぱりA社の方が年収高いし転職しようかなー」
と今働いている会社に特別な想い入れややりがいもなく、条件だけで働く会社を選んでしまいます。

年収の高い会社はいくらでもあります。
上には上がいますし、隣の芝は青く見えるものですので、条件だけでは高いモチベーションを保ちながら働くことはできません。

収入はもちろん重要です。
ですが、長い社会人人生において、それだけで企業を選ぶことは危険です。
いかに自分のモチベーションを高く保ちながら仕事ができるか、という視点を忘れずに入社する会社選びを行ってください。

人事担当者の人柄を入社理由にしない

ありがたいことに、入社の決め手として
「採用担当の○○さんの人柄がよかったので」と言ってくれる人がいます。

採用担当冥利に尽きますし、仕事のやりがいにもなります。

しかし同時に、それを入社理由にすることは危険だと感じます。

なぜなら、みなさんが入社して一緒に働く人たちは採用担当者ではないからです。

「採用担当者が○○な雰囲気だから、会社全員がそうなんだろうなー」と
考えがちですが、そうではありません。

みなさんが実際に入社して働く部署は、営業やマーケティング、製造や経理などそれぞれの配属部署になります。

採用担当者の印象=配属部署というわけではありません。

会社には様々な人がいて、部署によってもその雰囲気、カラーが異なります。

正しい判断を行うためには、先輩社員との座談会や懇親会といった機会で、自分が配属される部署の人たちの雰囲気を知っておくことが重要です。

そのような機会がない場合は、配属部署にはどんな人が多いかを聞いておくことをおすすめします。
そうすることで、入社後のギャップが少しでも減ることでしょう。


気になることは採用担当にどんどん聞きましょう。
入社後、すぐにギャップを感じて退職することが企業にとっても、本人にとっても不幸なことです。

入社理由は人それぞれでしょうが、後悔のない入社選びをしてください。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ