元大手メーカー採用担当の就活ブログ

採用担当者ならではの”使える就活アドバイス”を紹介します

【就活の噂をぶった切る】 朝一の面接は有利?顔採用はある?

f:id:syuukatsu-advice:20190223212953j:plain

目次

就活では、様々な憶測や噂が飛び交います。
特に最近ではネットの普及やSNSにより、正しいかどうか分からない情報が多くあります。

ここでは、よく聞く噂を検証して正しいか、デマかを解説していきたいと思います。

朝一の面接は有利?

午後になると面接官の体力がなくなってくるので、朝一の面接が有利!
という噂はよく聞きますよね。


この噂はデマです。

確かに朝一の面接は、気持ちもフレッシュですがそれが選考を左右する、ということはありません。

面接官は、面接した全員を相対的に判断し、合否を出します。
午前中に面接を受けた人は合格率が上がる、なんてことは一切なく、午後であっても、その日の最後でも、時間により評価が左右することはありません。

よって、自分の都合の良い時間帯に面接の予定を入れることをお勧めします。

顔採用はあるのか?

美男美女は、面接に受かりやすいという噂についてです。
企業によってはイケメンや美女が多く、顔採用では?と疑ったりすることもありますよね。


この噂の真偽については、△です。

実際に容姿だけを評価し、採用するということはありません。
容姿は良くても、仕事ができない、周りと信頼関係を築けない、では採用する意味がありません。

とはいえ、正直なところ容姿が良い、ということは武器だと思います。
第一印象も良いですし、容姿が良い人は自分に自信がある人が多いこともメリットです。

しかし、企業は容姿を評価基準にはしているわけではありません。
容姿が良いことは確かに得ではありますが、採用においては、
清潔感があることや礼儀やマナーがきちんとしている人の方が評価は高いです。

よって、顔採用があるのかどうかは、
顔だけで採用されることはないが、容姿が良いことで印象が良くなることが多い
ということが言えるでしょう。

学歴フィルターはあるのか

学歴によって選考にふるいをかける学歴フィルターを使っている企業はあるのか。


これは当然あります。

大手企業になると、応募する就活生の人数も非常に多くなってきます。
そこからある程度の人数をふるいにかけるために、学歴フィルターを使用します。

大手企業の多くは、“ターゲット校”を設定し、採用したい大学をあらかじめ検討しています。
ターゲット校は学歴はもちろんですが、過去の採用から優秀な人が多い出身校を割りだし、ターゲット校を決定することもあります。

学歴が全てではありませんが、選考する初期段階で多くの人数を絞る必要がある大手企業では、学歴フィルターを使用していることが多いです。

会社説明会で前の席に座った方が良い?質問するべき?

企業の会社説明会で最前列に座り、熱心に話を聞けば選考に有利!
質問をすれば選考に有利!
という噂、


これはデマです。

もちろん熱心に話を聞くことを否定するものではありませんが、そのことが選考に影響を与えることはないでしょう。
あったとしても、せいぜい

「この子、会社説明会で熱心に話を聞いていたし、うちに興味があるんだな。
内容が伴っていればESくらいは合格させておいてあげようか」

くらいなものです。


また、質問をすることは自分の不安や疑問を解消することが目的なので、それが選考に影響を与えることはもちろんありません。

言うまでもありませんが、見当違いな質問や質問をする時の態度が悪いと、採用担当者の記憶に残りやすいので、注意してください。

インターンシップ参加は選考に有利

インターンシップに参加すると、選考に有利かどうか、


これは間違いなく有利です。

インターンシップとは、そもそも就活生がより企業のこと、仕事のことを知る場として選考とは切り離して設けられるものです。

しかし、企業側は、早期に就活生とつながる機会として、そのまま選考に促すことがメインになりつつあります。
インターンシップに参加した学生は、その企業のことを他の就活生よりも理解しているので、入社後のギャップも少ないです。
また、インターンシップでの様子から、人柄もわかるので、そのまま入社につなげたいと考えています。

よって、インターンシップに参加した人は選考に有利だといえます。

就活生のSNSは監視されているのか

企業は就活生のSNSを監視しています。

全ての企業がfacebookなどを監視しているわけではありませんが、みんしゅうなどの掲示板はチェックしている企業が多いです。

SNSに登録している就活生は、管理を徹底することをお勧めします。


就活では様々な憶測や噂が流れるでしょうが、それらの情報が正しいかどうかを判断することが重要です。
デマに踊らされないように注意してください。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ