元大手メーカー採用担当の就活ブログ

採用担当者ならではの”使える就活アドバイス”を紹介します

【会社説明会は選考に関係ある?】 準備物や注意点を解説!

f:id:syuukatsu-advice:20190301164219j:plain

3月1日に採用情報が解禁となり、会社説明会に参加することも多くなってくるでしょう。

説明会に参加するにあたって、準備するものや注意点などを解説していきます。

会社説明会の目的

企業側が会社説明会を行う目的は、就活生に自分たちの会社を知ってもらうことです。

会社の成り立ちや仕事内容などの概要を説明し、会社の良さをアピールすることで就活生の志望度を上げるという側面ももっています。

会社説明会の種類

会社説明会は、
・単独説明会
・合同説明会
・WEB説明会

といった形態があります。
単独説明会は企業別に独自で行う会社説明会のことで、選考に参加する上で参加必須なものを多くあります。

最近では特に地方に住む人たちや、就活スケジュールの過密化からWEB説明会を行う企業も多くなりました。

いずれにせよ予約などの手続きが必要なところや、予約が先着順の企業が多いので、随時情報はチェックするようにしておきましょう。

会社説明会での注意点

会社説明会は、企業の人から直接質問できる貴重な機会です。
参加する前から、会社のことを調べて事前に質問を考えておきましょう。

HPに書いている情報を説明会当日にしているようではダメです。

事前にある程度会社のことを調べ、
・会社の今後の方針
・同業他社との違い
・強みや弱み

など、会社の特徴や将来性が分かるように理解を深めましょう。
HPなどを調べても分からなければ、説明会当日に質問すれば良いのです。

しっかり調べたうえでの質問であれば、企業側も「この人は良く調べているな」と印象に残ることもあるので一石二鳥です。

準備物

会社説明会では、筆記用具や履歴書など企業側から指定される持ち物もいくつかありますが、以下の持ち物を持っていけば間違いないでしょう。

・ES
・履歴書
・スケジュール帳
・メモ帳
・筆記用具
・クリアファイル
・折り畳み傘
・ストッキング(女性)

ESは提出前であれば空白で良いので、印刷して持っていきましょう。
そして、会社説明を受けてESに書けるネタを探しましょう。
こうすることでESにかける時間を大幅に短縮できます。

志望動機を説明会で固める

併せて、志望動機も会社説明会で考えることをお勧めします。

いくつかの企業の選考に参加すると、いざ面接となった際に
「志望動機なんて言おう…」
「会社説明会の記憶があやふやだ」
といったことが起こります。

会社説明会で志望動機を固めてメモに書いておけば、面接前にそれを見返すことができます。

私自身、就活をしていた際はこれを実践していましたが、非常にお勧めです。

会社説明会は選考に関係あるのか?

説明会に参加する際、

採用担当に立ち振る舞いなど見られているのでは?
質問しなければ選考に影響があるのでは?

などといった憶測が飛び交うかと思います。

これについては以前言及しましたが、
www.saiyoyo.com


基本的には会社説明会は選考には関係ありません。

しかし、あまりにも態度が悪い、的外れな質問をするなどといった悪目立ちする人については印象に残るものです。

その印象が、選考に影響することはありますので、聞く態度には気を付けてください。

私が採用担当だった頃、あまりにも聞く態度が悪い人や、HPで調べろと思う質問をしてくる人、ずっと寝ている人などがちらほらいました。
そういった人は記憶に残ります。(私は顔と名前を覚えるようにしていました)


また、例外として会社説明会で名札を付けさせられグループワークを行う、といったものについては選考に影響する可能性は高いです。
座る席が決められている、などといった個人を特定できるものについては要注意です。

このような場合は選考に影響があると認識した方が良いでしょう。

それ以外は、礼儀やマナーは最低限気を付けて“企業のことを知る”という本来の目的を達成することだけを意識すれば大丈夫です。
気を張りすぎないように、多くの情報を吸収しましょう。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村